助成内容
募集期間2月1日~4月中旬
助成期間4月1日~翌年3月31日
助成資格有資格対象山梨県在住または山梨県出身者で個人および団体。
年齢、職業は問いません。
国籍は日本国籍を有する者。
外国籍ならば在留資格「芸術」を取得している者。
無資格対象暴力団体、またはそれらに所属する方は応募できません。
助成分野①芸術文化活動・音楽(歌手、演奏者・団体、作詞作曲、指揮)
・美術(絵画、彫刻、工芸、織物、陶芸、写真、建築など)
・文芸(詩、話芸、小説、劇作家など)
・メディア芸術(アート、アニメーション、マンガ、
 コンピューターグラフィックス、映画など)
・総合芸術(演劇、舞踏、歌劇、バレエ、ダンス、デザインなど)
・伝統芸能(落語、武芸、茶道、書道、華道、舞踊、能、歌舞伎など)
・民俗芸能(地域の民謡、話芸、地域の祭礼・寺社の行事など)
・その他芸術文化に関する活動
②芸術文化活動の
 企画・運営
 開拓・普及
①を支える為に企画、運営、開拓、普及を支える団体・個人
・会場費
・企画・運営費
③芸術文化に関する
 復活・保存
 修復・調査
 研究活動
・消滅の危機にある文化遺産の修復・再生・復活・保存・修復活動
・民族芸能・伝統芸能などの調査・研究活動
④芸術文化活動を
 行う人材の育成
・文化芸術活動を行う人材の育成
助成内容助成費用・滞在費、旅費(公演など)
・活動費
・会場費
施設の貸出・会員施設の貸出し(山梨メセナ協会が斡旋を行います)
助成
審査内容
審査機関メセナ協会助成選考委員会にて審査を行います。
・開催場所:山梨メセナ協会本部
・審査員(理事会、専門家)
・審議期間(5月中旬~末)
審査内容・助成分野に合致し、継続性、将来性がある事。
 または、
・新たな先駆的、実験的で、新しい視点の活動である事。
審査対象外の内容・継続性、将来性がないもの
・競技に重点を置いたスポーツ活動
・稽古、習い事、教養活動、生活文化活動など趣味の域を出ないもの

助成の流れ
※ 助成を受ける方の手続き 協会の手続き
①助成申し込み
ホームページから助成申し込みを行ってください。
書面による申し込みも受け付けています。
事業内容、助成要望額等を入力します。申請が完了すると入力したEメールアドレスに入力内容とID、パスワードが送信されます。
②審査
メセナ協会助成選考委員会により5月中旬~末に選考を行います。
③助成決定
助成金額を決定し、助成審査認定書を郵送します。
※申請時の希望額を満たさない場合があります。
④活動期間
助成者は、(A)(B)を助成期間内に実施して下さい。
(A)中間報告
ホームページの「ホーム」画面右側にある「活動報告はこちら」のID、パスワードを入力して助成者ページにログインし中間報告を行って下さい(書面で郵送でも構いません)。報告内容はホームページの「活動報告」で公開されます。
(B)収支報告書
 助成期間内に作成し、必ず書面で協会に郵送して下さい。
⑤助成開始
助成者の中間報告と収支報告書を確認した後に、助成者の指定口座に助成金を振り込みます。口座番号は助成者ページにログインして入力するか、メールまたは書面で連絡して下さい。
⑥助成終了
1年間で助成期間が終了します。再度申請を行う場合は「①助成申し込み」を行って下さい。

よくある質問
Q募集期間が4月15日ですが、4月1日に活動を行い終了してしまった場合にも助成してもらえるのですか?
A4月1日~4月15日の間に活動を行い終了してしまった場合も助成の対象になります。
Q助成期間が始まってから早めに助成金を頂く事は可能ですか?
A活動期間が終わり次第、活動状況を活動報告に載せて頂ければ給付する事は可能です。
Q下記のような団体にも助成して頂けますか?
・絵
・歌
・障がい者への支援活動
A個人の趣味を磨くのでではなく、将来的に地域に貢献し、普及に繋がるかどうかが助成審査の対象になります。まずは申請をしてみて下さい。
Q趣味やサークル活動にも支援して頂けるのですか?
A活動が、個人の趣味で自分や仲間の皆さんを満足させる目的である場合は、助成の対象にはなりません。
Q伝統工芸品を作製し販売したいので、その材料を購入する資金を助成して頂けますか?
A営業活動への助成は行っておりません。展示会の施設費用やパンフレットの作成費用などに助成する事は出来ます。
Qスポーツの普及活動に助成して頂けますか?
Aスポーツは「競技」であり技を競い合うものですので、助成の対象にはなりません。ただしバレエなど、芸術を表現するものは助成の対象になります。
Q芸術を学びに行く為の留学費用を助成して頂けますか?
A全額を負担する事は難しいですが、一部の費用を助成する事は可能です。
Qメールで報告書を送っても良いですか?
Aメールでも構いません。
Q助成に年齢制限はありますか?
A年齢制限はありません。自由に応募して下さい。

助成申し込み
助成を受けたい団体または個人の方は、下記の助成申し込み入力フォーム収支の見込み額入力フォームに記入して下さい。「記入」の項目は必ず記入をお願いします。
または、申込書をダウンロードして記入し、Eメール、FAX、郵送のいずれかでお送り頂いても構いません。
申込書 メセナ助成申込書.pdf    メセナ助成申込書.xls
送付先Eメールinfo@yamanashi-mecenat.jp
FAX055-206-0280
郵送〒400-8512 甲府市相生2丁目2-17
 甲府商工会議所3階 山梨メセナ協会
助成申し込み入力フォーム
事業主体名
ふりがな
代表者名担当者名
ふりがなEメール
年代
  • 選択して下さい
  • 10代以下(~9歳)
  • 10代(10歳~19歳)
  • 20代(20歳~29歳)
  • 30代(30歳~39歳)
  • 40代(40歳~49歳)
  • 50代(50歳~59歳)
  • 60代(60歳~69歳)
  • 70代(70歳~79歳)
  • 80代以上(80歳~)
 ※団体の場合は一番多い年代を選択して下さい。
所在地
郵便番号
住所
電話番号
事業区分
(1)舞台芸術の創造・普及活動
(2)美術創造・普及活動
(3)先駆的・実験的な芸術創造活動
(4)伝統文化の保存・活用
(5)創作・研究等
(6)創作の海外研究等
(7)その他
履歴書の添付
 
実施期間
(研究期間)
実施場所
(創作・研究場所)
実施の主旨
(創作・研究テーマ)
事業概要
(創作・研究の日程,方法)
参加者数
特にアピール
したい事項
事業主体の概要
共催・後援会名
添付ファイル
ファイル形式は、mp3,mp4,pdf,doc,docx,xls,xlsx,jpg,jpeg,pngでお願い致します。
 
アンケート
メセナを何で知りましたか?
  • 選択して下さい
  • インターネット検索
  • 新聞
  • 山梨メセナ協会の会報
  • 募集のチラシ
  • 知人の紹介
  • その他
収支の見込み額入力フォーム
収入支出
項目金額(円)項目金額(円)
助成対象経費メセナ協会助成要望額
自己負担額
小計(A)小計(C)
助成対象外経費(B)(D)
合計(A+B)合計(C+D)

助成後の手続き
助成後は、「実績報告書」と「収支決算報告書」が必要になります。
実績報告書は、「ホーム」の「活動報告はこちら」に助成申請時または助成決定時に送られたIDとパスワードを入力し、そこから報告内容(活動日時、表題、活動内容、活動時の写真)を入力して下さい。それが活動実績報告になります。出来るだけホームページからの入力が望ましいですが、下記の書類をダウンロードして記入し、Eメール、FAX、郵送のいずれかでお送り頂いても構いません。
収支決算報告書は、ログイン時の画面にありますので、ダウンロードして記入し領収書と共に郵送でお送りください。
申込書 実績報告書および収支決算報告書.pdf    実績報告書および収支決算報告書.xls
送付先Eメールinfo@yamanashi-mecenat.jp
FAX055-206-0280
郵送〒400-8512 甲府市相生2丁目2-17
 甲府商工会議所3階 山梨メセナ協会
特定非営利活動法人(NPO法人) 山梨メセナ協会(山梨芸術文化支援協会)
〒400-0858 山梨県甲府市相生2-2-17 甲府商工会議所3階
TEL 055-225-2121
FAX 055-206-0280
一番上に戻る